HDD/SSDのファームウェアを改変するモジュールを確認--四半期レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity
2020.05.30(土)

HDD/SSDのファームウェアを改変するモジュールを確認--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、2015年第1四半期の脅威レポートを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は6月10日、2015年第1四半期の脅威レポートを発表した。レポートでは、キートピックとして「Equation Group: ハードディスク/SSDのファームウェアの悪用」「ランサムウェア: 巧妙さを増した新しいファミリの出現」「Adobe Flash: デザイナーだけでなくサイバー犯罪者にも人気のアプリケーション」の3つを挙げている。Equation Groupによる攻撃は2月に確認されており、非常に洗練された暗号化スキーマとマルウェアを使用するなど、これまで確認した脅威の中で最も巧妙な攻撃を実行している。

Equation Groupによる攻撃で特徴的なものとして、HDDとSSDのファームウェアを改変するモジュールの存在を挙げている。ファームウェアが改変されたHDD/SSDはシステムの起動時にマルウェアを読み込むため、ドライブのフォーマットやOSの再インストールを行っても駆除できない。また、ドライブが感染すると、改変されたファームウェアと関連マルウェアがセキュリティ ソフトウェアで検出されることもない。

ランサムウェアでは、CTB-Lockerファミリに続き、CryptoWall、TorrentLockerの新しいバージョンが出現し、BandarChorが急増した。また、第1四半期には新しいファミリであるTeslacryptが確認されている。ランサムウェアが使用するフィッシング詐欺メールも巧妙に細工されたものが目立っているという。Adobe Flashについては、その機能、脆弱性とエクスプロイト、悪用の方法、Flashを狙うエクスプロイトから組織を守る方法について解説している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×