スパイ目的の高度な標的型攻撃「Duqu 2.0」、カスペルスキーにも侵入(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

スパイ目的の高度な標的型攻撃「Duqu 2.0」、カスペルスキーにも侵入(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社を含む欧州、中東、アジアの企業・団体を標的にしたサイバー攻撃「Duqu 2.0」を確認したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは6月10日、同社を含む欧州、中東、アジアの企業・団体を標的にしたサイバー攻撃「Duqu 2.0」を確認したと発表した。これは同日、Kaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳。Kaspersky Labでは、2015年早春に同社内のネットワークへの不正侵入を検知し、監査および調査を実施した。その結果、この攻撃が「Duqu」によるAPT(標的型)攻撃である事実を突き止めたとしている。Duqu 2.0は、遅くとも2014年から欧州、中東、アジアの諸国で企業や政府組織を標的としたスパイ活動が確認されている。なお、本攻撃による同社の顧客および現行製品・サービスに関する情報の漏えいや影響がないことを確信しているという。

不正侵入の検知は、同社で開発中のAPT対策ソリューションのテスト中だったという。この攻撃は3つのゼロデイ脆弱性(現在は3つともパッチが提供されている)を悪用し、ドメイン管理者への権限昇格を行う。その後、ネットワーク内のWindows PCに対してMSI(Microsoft Software Installer)ファイルを介してマルウェアの拡散を行った。各端末のディスク上には活動の痕跡はほとんど残されておらず、またシステム上の設定にも変更の形跡がなく、極めて検知が難しいとしている。

同社では初動としてセキュリティ監査を行うとともに、専門チームによって攻撃の解析、ソースコードの検証や社内インフラの確認などが行われた。調査は現在も継続中であるが、現段階では攻撃者の侵入目的が同社のテクノロジーならびにリサーチ情報を狙ったスパイ活動であることが明らかになっているという。Duqu 2.0のコードはPCのメモリ内にのみ存在し、ハードディスク上での痕跡をすべて消し去るという高度な手法を用いていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×