動作検証用サーバに不正アクセス、DoS攻撃の踏み台として悪用される(国立情報学研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

動作検証用サーバに不正アクセス、DoS攻撃の踏み台として悪用される(国立情報学研究所)

 国立情報学研究所(NII)は5日、同研究所の動作検証用サーバが不正アクセスされたことを公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 国立情報学研究所(NII)は5日、同研究所の動作検証用サーバが不正アクセスされたことを公表した。

 動作検証作業のため、5月29日に当該サーバ(民間クラウドサービス)のアクセス制限を一時的に緩め、かつパスワードを簡便なものに変更。その結果、不正アクセスを受け、DoS攻撃の踏み台として悪用されていたという。6月2日12時15分頃に判明し、当該サーバはネットワークから遮断したとのこと。個人情報や機密情報の流出は現在確認されていない。

 国立情報学研究所は、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構に属する学術総合研究所。全国の大学や研究機関、民間企業やさまざまな社会活動と連携・協力を行っている。

国立情報学研究所に不正アクセス……DoS攻撃の踏み台に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×