OSレベルで指紋認証機能を搭載した次期「Android M」を発表(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

OSレベルで指紋認証機能を搭載した次期「Android M」を発表(Google)

 Googleは28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」において、次期Android OSとなる「Android M」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Googleは28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」において、次期Android OSとなる「Android M」を発表した。Lollipopに続く次期OSだが、現時点では菓子名ではなく、単なる「M」となっている。バージョン(Android 5.2なのか6.0なのか)も明らかになっていない。

 まずはアプリの「パーミッション(許可)」が改善される。現行ではインストール時に一括して位置情報や連絡先、カメラなどへのアクセスが求められるが、「Android M」ではアプリ使用時にアクセスを許可できるようになる。また、一括許可ではなく、ジャンルごとに許可できるようになり、アプリによってはアドレス帳にはアクセスしてほしくないといったときに、それを選択できるようになる。

 バッテリ面では「Doze(休眠)」モードが設けられた。これは現行のスリープ中よりもさらに通信回数を減らして、バッテリをより長持ちさせるというもの。スリープ中もメールやSNSなど数分ごとにデータを更新しようとするアプリが多いが、この更新回数を減らすことでロングライフを実現する。現行のスリープと「Doze」を比較したところ、使用時間が約2倍に延びたとしている。また、USB Type-Cをサポートし、高速の充電やデータ転送に対応する。

 音声検索のGoogle Nowも強化された。「Now on tap」と呼ばれる新機能が追加され、状況に応じて必要な情報を提供してくれる。たとえばメッセージで映画について語っているときに、ホーム画面を長押しすると、その映画の情報や上映館などのリンクが現れ、Google Nowのアシストを受けられるようになる。

 このほか、OSレベルで指紋認証機能を搭載。デバイスのロック解除、Play Storeでの認証に利用できる。また、モバイル決済プラットフォーム「Android Pay」をサポート。NFCと指紋認証機能を使って支払いが完了できるようになる。

Google、次期OS「Android M」を発表……指紋認証搭載や省電力強化図る

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×