産業制御システム用PLCソフトの脆弱性を標的としたアクセスを観測(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

産業制御システム用PLCソフトの脆弱性を標的としたアクセスを観測(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は5月26日、産業制御システムで使用される特定のPLCソフトウェアの脆弱性を標的としたアクセスを観測しているとして、@policeにおいて注意喚起を発表した。2014年12月2日には、産業制御システムで使用される特定のPLCソフトウェアにおいて、リモートから任意のコマンドが実行できる脆弱性が公表された。また2015年2月には、この脆弱性を有するPLCを探索するツールが公開され、5月にはこの脆弱性を利用しPLCの状態を確認するためのプログラム(PoC)が公開されている。

同庁の定点観測システムでは、この脆弱性を標的としたと思われるこれらのツール等の特徴を有するパケットを観測しているという。主に2つのコードによるアクセスを観測しており、2月上旬から続いているアクセスはPLC探索ツールによるものと思われ、その多くはあらゆるサービスに対して探索を行い、その結果を蓄積し検索サービスを提供する組織からのもであった。また、5月中旬にはもうひとつのコードによるアクセスが急増しており、こちらはアクセスしている者の実体や目的が判明していないという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×