「Office 365」とAPI連携し標的型サイバー攻撃の脅威からクラウド上のメール、ポータル、ストレージなどを保護(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

「Office 365」とAPI連携し標的型サイバー攻撃の脅威からクラウド上のメール、ポータル、ストレージなどを保護(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トレンドマイクロは12日、「Office 365」向けのクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」を発表した。6月上旬より提供を開始する。

 「Trend Micro Cloud App Security」は、Office 365とAPI連携し、Exchange Online(メール)、SharePoint Online(ポータル)、One Drive for Business(クラウドストレージ)を標的型サイバー攻撃などの脅威から保護するサービス。メールに添付されたファイルや、ポータル/クラウドストレージにアップロードされるファイルに対し、不正な疑いがあった場合、クラウド型サンドボックスで解析・駆除を行う。既知の不正プログラムや不正なURLが含まれたメール/ファイルは、解析前に駆除できる。

 ポリシーは、システム管理者が「駆除、隔離、通知のみ」などを設定可能。マイナンバー制度にも対応し、個人情報を含んだファイルのメール送信やアップロードなどを監視・ブロックすることが可能。利用価格は1,215円~/月(5ユーザー)。

 あわせて同社では、「Trend Micro Hosted Email Security」の最新版を6月上旬より提供開始。不正URLが記載されたスパムメール、不正サーバから送信されるメールをブロックすることが可能。最新版では新たに、Microsoft Office365上のExchange Onlineに対応する。こちらもクラウド型サンドボックスを搭載し、標的型メール攻撃などに利用される未知の脅威にも対応する。

トレンドマイクロ、「Office 365」向けクラウド型セキュリティを提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×