BYODに有効な、企業向け保護サービスと連携するモバイルアプリ(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

BYODに有効な、企業向け保護サービスと連携するモバイルアプリ(エフセキュア)

エフセキュアは、新サービス「Freedome for Business」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は5月11日、新サービス「Freedome for Business」の提供を開始した。フィンランド本社によるリリースの抄訳として発表したもの。本サービスは、iOSおよびAndroid向けのアプリ。カスタマイズ可能なワンボタンインタフェースを維持しながら、ビジネス志向の包括的な機能セット(暗号化通信、アプリとWebのセキュリティ、一元管理)を追加、企業のデータとネットワークのセキュリティを提供する。

本サービスは、エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)を通じて実装される。管理者はPSBから、ランダムに生成したパスコードでデバイスをロックしたり、リモートでデータを抹消できるほか、デバイスのセキュリティ状況もチェックできる。これにより、悪質なWebサイトに頻繁にアクセスするといった危険な行為に気づいた場合は、セキュリティインシデントとなる前に行動を起こして問題に対処できるなど、企業所有のデバイスとBYODデバイスを一元的に統合して管理することが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×