O2Oをはじめとするソリューションサービス提供で合弁会社設立(ラック) | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

O2Oをはじめとするソリューションサービス提供で合弁会社設立(ラック)

ラックは、ピー・アール・オー(PRO)との提携により合弁会社を設立することについて、基本合意することを取締役会で決議した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは4月23日、株式会社ピー・アール・オー(PRO)との提携により合弁会社を設立することについて、基本合意することを取締役会で決議したと発表した。ラックは情報セキュリティ事業だけでなく、システム開発事業においてもITサービスを提供している。一方、PROでは特徴のあるユーザインタフェースによるスマートフォン向けWebサイトやECサイト構築などのサービスを提供している。

両社は、5月中に合弁会社「株式会社ジャパン・カレント」を設立する予定。新会社では、ラックの情報セキュリティやシステム開発における経験、実績、研究で培われたノウハウと、PROの企画・開発力、広告基盤を活かすことにより、多様化した顧客ニーズに対応するO2Oをはじめとする各種ソリューションサービスを提供する。資本金は3億円で、出資比率はラックが70%、PROが30%となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×