O2Oをはじめとするソリューションサービス提供で合弁会社設立(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

O2Oをはじめとするソリューションサービス提供で合弁会社設立(ラック)

ラックは、ピー・アール・オー(PRO)との提携により合弁会社を設立することについて、基本合意することを取締役会で決議した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは4月23日、株式会社ピー・アール・オー(PRO)との提携により合弁会社を設立することについて、基本合意することを取締役会で決議したと発表した。ラックは情報セキュリティ事業だけでなく、システム開発事業においてもITサービスを提供している。一方、PROでは特徴のあるユーザインタフェースによるスマートフォン向けWebサイトやECサイト構築などのサービスを提供している。

両社は、5月中に合弁会社「株式会社ジャパン・カレント」を設立する予定。新会社では、ラックの情報セキュリティやシステム開発における経験、実績、研究で培われたノウハウと、PROの企画・開発力、広告基盤を活かすことにより、多様化した顧客ニーズに対応するO2Oをはじめとする各種ソリューションサービスを提供する。資本金は3億円で、出資比率はラックが70%、PROが30%となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×