販売代理店契約により、企業のクラウド利用リスクを把握できる新サービス(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

販売代理店契約により、企業のクラウド利用リスクを把握できる新サービス(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、クラウドサービスにおけるクラウドセキュリティソリューションを提供する米Skyhigh Networks社と販売代理店契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
マクニカネットワークス株式会社は4月14日、クラウドサービスにおけるクラウドセキュリティソリューションを提供する米Skyhigh Networks社と販売代理店契約を締結したと発表した。Skyhigh Networks社が提供する「Skyhigh Cloud Security Platform」は、企業のクラウド利用状況のすべての可視化を行うとともに、10,000以上のクラウドサービスの実際の使用状況をもとに、クラウド自体のリスクやユーザのアクティビティのリスクを判定し、企業のクラウド利用リスク状況を把握できるサービス。

リスクの判定は、クラウドセキュリティの標準化を目指しているCSAのガイドラインに準拠しており、クラウドセキュリティガイドラインを探している企業に適したサービスとなっている。また、アクセスされているクラウドサービスのリスク状況を把握するだけではなく、誰が、いつ、どのクラウドサービスにどの様なアクションをしているかを把握することでシャドーIT対策を実施したり、人為的な不信なアップロードやダウンロードなど、不信なアクションをモニタすることも可能。これにより、これまでセキュリティに懸念を持ちクラウド導入を躊躇していた企業にも、安心してクラウドを利用できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×