マルチテナントに対応するクラウド型リモートバックアップサービス(さくら情報システム、CommVault Systems Japan、ネットワールド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

マルチテナントに対応するクラウド型リモートバックアップサービス(さくら情報システム、CommVault Systems Japan、ネットワールド)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

さくら情報システム株式会社は3月10日、米CommVault Systemsの日本法人CommVault Systems Japan株式会社が提供するデータ統合管理ツール「Simpana」を導入し、2015年4月末の予定で新しいリモートバックアップサービス「オンデマンドファイルバンク」を提供開始すると発表した。システムの提案と構築支援は、CommVault製品のディストリビューターである株式会社ネットワールドが行っている。

Simpanaは、データ保護・管理機能を単一のユーザインタフェースに集約するソフトウェアで、マルチテナント環境を構築可能なことから、クラウド型バックアップサービスに適したものとなっている。オンデマンドファイルバンクはSimpanaの特長を十分に活かしたサービスとなっており、Webからオンデマンドでバックアップ・リストア操作が可能。柔軟なデータ保護・管理が可能となっている。月額5,000円からスタートできるので、中小規模ユーザにも最適としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×