Linuxサーバ管理者の8割が「Linuxは安心」、しかし14%が「深刻な被害」(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

Linuxサーバ管理者の8割が「Linuxは安心」、しかし14%が「深刻な被害」(エフセキュア)

エフセキュアは、Linuxサーバ管理者へのにアンケートをもとにしたセキュリティレポートを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
エフセキュア株式会社は3月6日、Linuxサーバに関するセキュリティレポートを公開した。このレポートはインターネットリサーチ企業の調査パネルを用いて、Webサーバ等のOSにLinuxを利用している企業の管理者を対象にアンケートを実施したもの。有効回答数は308件。レポートによると、Linuxを利用する最大の理由は「コスト」であり、「安定性」「セキュリティの高さ」と続いた。

また、Linuxサーバのセキュリティにおける不安については、「安心」および「どちらかというと安心」と答えたのは82%に上った。そのせいか、4人に1人は「Linuxサーバにセキュリティ対策を施していない」と回答した。一方で、回答者の14%が「深刻なサイバー攻撃の被害に遭っている」ことも明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×