Linuxサーバ管理者の8割が「Linuxは安心」、しかし14%が「深刻な被害」(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

Linuxサーバ管理者の8割が「Linuxは安心」、しかし14%が「深刻な被害」(エフセキュア)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

エフセキュア株式会社は3月6日、Linuxサーバに関するセキュリティレポートを公開した。このレポートはインターネットリサーチ企業の調査パネルを用いて、Webサーバ等のOSにLinuxを利用している企業の管理者を対象にアンケートを実施したもの。有効回答数は308件。レポートによると、Linuxを利用する最大の理由は「コスト」であり、「安定性」「セキュリティの高さ」と続いた。

また、Linuxサーバのセキュリティにおける不安については、「安心」および「どちらかというと安心」と答えたのは82%に上った。そのせいか、4人に1人は「Linuxサーバにセキュリティ対策を施していない」と回答した。一方で、回答者の14%が「深刻なサイバー攻撃の被害に遭っている」ことも明らかになっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×