IoT時代を見据えIBMとジュニパーネットワークスが協業(日本IBM、ジュニパーネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

IoT時代を見据えIBMとジュニパーネットワークスが協業(日本IBM、ジュニパーネットワークス)

米IBMと米ジュニパーネットワークスは、ネットワークの動作に対するリアルタイム洞察を提供する計画を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は2月27日、米IBMと米ジュニパーネットワークスが同日(現地時間)、ネットワークの動作に対するリアルタイム洞察を提供する計画を発表した。これは、顧客が大幅にモバイル・エクスペリエンスを高め、増加する「モノのインターネット」アプリケーションへの需要に対応し、ビッグデータから得られる新たな機会を発見できるよう支援することを目的としたもの。

両社が協力して次世代の高性能ネットワーク・アナリティクスの設計と提供を実現することで、通信サービス・プロバイダや企業がアプリケーションのユーザ・エクスペリエンスを向上させると同時に、俊敏性と効率性を向上し、展開時間とコストを削減できるようにする。新たなソリューションとして、Juniper Networks MXルータのサービス・コントロール・ゲートウェイ(SCG)が、IBM Now Factoryのアナリティクスと統合される予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×