[インタビュー] ICS/SCADA セキュリティには国産技術が必要 ~電子戦のエキスパート Jim Butterworth 氏(1) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

[インタビュー] ICS/SCADA セキュリティには国産技術が必要 ~電子戦のエキスパート Jim Butterworth 氏(1)

「日米の最大の違いは、攻撃が現実の問題として受け止めているか否かでしょう。米国はイスラム国を始めいくつかの国のターゲットとして、重要インフラに対するサイバー攻撃を実際に受けています。日本では発電所や水道局が直接攻撃された事例はないと思います。」

特集 特集
Jim Butterworth氏は、アメリカ海軍の電子戦(Electronic Warfare)・暗号・通信諜報(SIGINT)のエキスパートとしてのキャリアを生かし、電力・ガス・水道、交通機関などの重要インフラセキュリティに関する、トレーニング、マルウェア解析、フォレンジックスのエキスパートとしても活躍している。

Buttworth氏は、(WikiLeaksのサービスを停止した)Paypalを攻撃したアノニマスのリーダーを特定したHBGary社のCSOを務めていた経験もある。

現在ManTech Cyber Solution International(MCSI)のCSOとして活動しながら、Soliton CyberSecurity Labs.(サンノゼ)のCTOの肩書も持つ。氏の来日に合わせ、編集部ではICS/SCADAセキュリティについて、日米の現状や違い、そしてIoTセキュリティに関する意見などを取材した。また、近年頻発している国を巻き込むようなサイバーテロについても話を聞いた…

※本記事は本日配信のScan有料版に全文を掲載しました
《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×