FireEye 「偽りの『セクシーなハッカー』が、シリアの反体制派の情報を盗むマルウェアを投下している」~心を乱す Skype チャットの罠(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

FireEye 「偽りの『セクシーなハッカー』が、シリアの反体制派の情報を盗むマルウェアを投下している」~心を乱す Skype チャットの罠(The Register)

盗まれたデータには戦闘プランや地図、供給ニーズやルートだけでなく、武器や弾薬のリストも含まれていると FireEye は主張した。それがアサド大統領の軍隊、もしくは同盟国の手に渡った場合、彼の軍事的な取り組みに利益をもたらすだろう。

国際 TheRegister
セキュリティ研究者によると、シリアの反体制派の戦略や戦闘プランを盗むため、サイバースパイたちはソーシャルエンジニアリングの戦略を駆使していた。

ハッカーたちは、おなじみの戦術を採用していた。つまり、「気の合う魅力的な女性」だと思われる人物との会話を通じて、標的を誘惑するという戦術だ。会話は Skype のチャットで進められるため、その「女性」は個人の写真の提供を申し出る。それはマルウェアを積んだもので、標的のコンピュータや Android 携帯を侵害するために設計されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×