インシデント報告件数、前四半期から34%増加--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

インシデント報告件数、前四半期から34%増加--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2014年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月14日、2014年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCが受け付けたインシデント報告件数は6,231件(前四半期は4,638件)と34%増加した。各報告に含まれるインシデント件数は5,606件(前四半期は4,388件)と前四半期から増加、サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は2,337件と、前四半期の2,125件から10%増加した。前年同期との比較では、総報告数で29%増加し、調整件数は9%増加している。

インシデントの内訳は「スキャン」に分類される、システムの弱点を探索するインシデントが64.1%、「Webサイト改ざん」に分類されるインシデントは13.9%を占めた。また、「フィッシングサイト」に分類されるインシデントは7.2%を占めている。フィッシングサイト全体では、金融機関のサイトを装ったものが47.9%、ポータルを装ったものが21.5%を占めている。

本四半期に報告が寄せられたフィッシングサイトの件数は406件で、前四半期の417件から3%減少した。また、前年度同期(601件)との比較では32%減少した。国外ブランドを装ったフィッシングサイトの件数は75件と、前四半期の139件から46%減少した。活動概要では、「セキュリティ人材育成の海外支援~タイで開催された学生向けマルウエア解析協議会に講師派遣」「TSUBAMEトレーニングをスリランカで実施」「国際コミュニティへの情報の発信~5年目を迎えた英語ブログ」「組織内CSIRT構築の動きが拡大~企業等におけるセキュリティインシデントへの備え」をトピックに挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×