2015年のエンタープライズモバイル7つの予測、CIOにとって変化の年に(モバイルアイアン・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

2015年のエンタープライズモバイル7つの予測、CIOにとって変化の年に(モバイルアイアン・ジャパン)

モバイルアイアン・ジャパンは、「2015年のエンタープライズモバイルにおける7つの予測」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
モバイルアイアン・ジャパンは1月7日、「2015年のエンタープライズモバイルにおける7つの予測」を発表した。この予測は、米MobileIron社の戦略担当バイスプレジデントであるOjas Rege氏によるもの。過去15年間、モバイルは第1世代のモバイルアプリケーションとコンテンツデリバリ機能を使って、主としてコミュニケーション改善のためにエンタープライズ内で活用されてきた。

2015年には、エンタープライズモバイルの主な目的が効率化からトランスフォーメーション(変革)に移行するため、この第1段階は終了する。これによって、各組織でのコンピューティング環境が根本的に変わるような、ブレークスルーが発生すると予測している。2015年に予想される7つの大きな変化は以下の通り。

1:収益源になっているビジネスプロセスがモバイルに移行
2:Windows 10がPC経済の終焉を助長
3:テクノロジー業界では「モバイル優先」のための再編が始まる
4:ウェアラブルによって「データスナッキング」が実現
5:モバイルデバイスがライフクリティカルになることで、プライバシー面での問題による痛手が大きくなる
6:モバイルはビッグデータのフィーダーシステムになる
7:モバイル分野での成功がCIOの職務要件のトップ3にランクインする
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×