Staples のハッキング被害の全容が明らかに「100 万以上のカードが危殆化」~さあ払い戻しを! 払い戻しを!(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Staples のハッキング被害の全容が明らかに「100 万以上のカードが危殆化」~さあ払い戻しを! 払い戻しを!(The Register)

「それが発生したのは東海岸の地域に限られている」という初期の報告に反して、(今回)同社が提供した被害店舗のリストは、ロサンゼルスからニューヨークシティに及んでいる。

国際 TheRegister
Staples は、同社の 115 店舗のキャッシュレジスターに感染したマルウェアが、116 万人の顧客のバンクカード番号にアクセスしていたことを発表した。

その米国のチェーン店は、2014 年 8 月 10 から(2 店舗では 7 月 20 日から)9 月 16 日までの間、同社のレジがスパイウェアに侵害され、数十万人もの米国市民が詐欺の危険に晒されたということを、本日(編集部註:2014 年 12 月 19 日)付けで確認した。

Staples は 2014 年 10 月にも同じ攻撃に関する発表を行っており、その侵害が及んだのは、米国の 1,400 店舗のうちのわずかな数に限られていると述べていた…

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×