月例セキュリティ情報7件を公開、最大深刻度「緊急」は3件(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

月例セキュリティ情報7件を公開、最大深刻度「緊急」は3件(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2014年12月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通りの7件で、このうち最大深刻度「緊急」が3件、「重要」が4件となっている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は12月10日、2014年12月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通りの7件で、このうち最大深刻度「緊急」が3件、「重要」が4件となっている。修正された脆弱性は、CVEベースで25件。今回発表された内容は以下の通り(深刻度順)。

「緊急」
MS14-080:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3008923)要再起動
MS14-081:Microsoft Word および Microsoft Office Web Apps の脆弱性により、リモートでコードが実行される(3017301)再起動が必要な場合あり
MS14-084:VBScript スクリプト エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される(3016711)再起動が必要な場合あり

「重要」
MS14-075:Microsoft Exchange Server の脆弱性により、特権が昇格される(3009712)再起動が必要な場合あり
MS14-082:Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される(3017349)再起動が必要な場合あり
MS14-083:Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(3017347)再起動が必要な場合あり
MS14-085:Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性により、情報の漏えいが起こる(3013126)再起動が必要な場合あり

このうち、MS14-085(CVE-2014-6355)脆弱性が一般に公開されている。同社では、企業ユーザに対しては、適用優先度「1」のMS14-080(Internet Explorer)、およびMS14-081(Word およびOffice Web Apps)については至急適用を進めるよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×