標的型攻撃対策サービス「Lastline」の提供を開始(SCSK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

標的型攻撃対策サービス「Lastline」の提供を開始(SCSK)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

SCSK株式会社は12月8日、米Lastline社の標的型攻撃対策サービス「Lastline」を同日より提供開始すると発表した。同製品は、従来型のセキュリティ対策では防御できない高度な攻撃を検知し、外部との不正な通信をブロックするもの。世界中から最新のマルウェア、不正なWebサイトの情報を独自の手法で収集しているほか、仮想環境で実際にマルウェアを動作させる確認方法だけではなく、マルウェアそのものを詳細に分析する「Full System Emulation」により、標的型攻撃に利用される複雑な攻撃手法を高精度に把握する。

導入形態はクラウド型、オンプレミス型から選択が可能。クラウド型は既存のシステム構成を変更することなく導入できる。また、クラウド版は接続しているユーザ数に対する課金のみとなる。オンプレミス版もユーザ数課金と分析エンジンの初期ライセンス費用のみで、次年度以降の保守費用は発生しない課金体系となっている。なお、価格はオープンプライス。同社ではサービス提供開始後3年間で、100社へのサービス提供を見込んでいる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×