ソニー・ピクチャーズの疑惑の 27GB、PlayStation の 65 のウェブサーバ、そして一つの謎~その EC2 クラウドのインスタンスは何をしている?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

ソニー・ピクチャーズの疑惑の 27GB、PlayStation の 65 のウェブサーバ、そして一つの謎~その EC2 クラウドのインスタンスは何をしている?(The Register)

SonyのAmazonクラウドアカウントの制御を得たハッカーにばら撒かれたのか。あるいはSonyが意図的に、「データ泥棒の志願者たち」を捕獲するハニーポットとして、巨大なアーカイブを利用した可能性もある。どちらのほうが、ありえる話だろう?

国際 TheRegister
Sony Pictures のコンピュータから盗まれた機密データを含む可能性のある 27.78 GB のアーカイブをばらまくため、Sony PlayStation のウェブサイトのサーバが用いられた、と主張されている。

セキュリティ研究者 Dan Tentler によると、火曜(編集部註:2014 年 12 月 2 日)の昼過ぎまでの間(サンフランシスコ時間)、BitTorrent ネットワークにアーカイブをばらまいていた 60 以上のシステムは、「Amazon EC2 クラウド内のバーチャルサーバ」上にあるようだという。

そこで指摘されている多くのサーバインスタンス――たとえば、54.77.62.39 ――は、Sony Computer Entertainment のウェブサイトも提供している。そのデータを提供している EC2 のインスタンスは、別の研究者によってチェックされており、その一部の SSL 証明書は Sony に署名されたものであると、その人物は確認している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×