ハッカーに攻撃された疑いのあるソニー・ピクチャーズ、社内の IT をロックダウン~内部の PC にハッキング、データのキャッシュがアップロードされる(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

ハッカーに攻撃された疑いのあるソニー・ピクチャーズ、社内の IT をロックダウン~内部の PC にハッキング、データのキャッシュがアップロードされる(The Register)

ユーザーたちは、オンラインにダンプされた「ソニーのデータのキャッシュ」だと主張されるものを検索し、PuTTY のプライベートキー、Oracle および SQL データベースのパスワード、ソースコード、生産スケジュール、ハードウェアの在庫リストを発見したと伝えられている。

国際 TheRegister
「おそらくハッカーがスタッフのコンピュータを侵害し、内部データを大量に盗み出したと見られている違反行為」について、ソニー・ピクチャーズが調査を行っている。同社は現在(編集部註:2014年11月25日)、この問題に取り組むためにロックダウン状態となっている。

包囲下の状況にある同社(と Variety は表現している)は、スタッフに対し、ソニーのネットワークから各自のコンピュータや個人のデバイスをすべて切り離し、仮想プライベートネットワークをシャットダウンするよう要求した。

クラッキンググループ「Guardians of Peace」は、同社のスタッフのマシンに起きた侵害に関する犯行声明を出しており、企業の内部データを盗みだしたと主張している。彼らが前もってひそかにソニーへ送っていた要求に対し、同社がどのような「決断」をするのか、その返答の次第によっては、さらに詳細な情報を公共のウェブに漏洩するつもりだと同グループは語っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×