マルウェア作家が BusyBox の利用者に Shellshock を悪用した攻撃を仕掛ける~2014 年になっても、一部の人々はまだデフォルトのユーザー名とパスワードを利用している(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

マルウェア作家が BusyBox の利用者に Shellshock を悪用した攻撃を仕掛ける~2014 年になっても、一部の人々はまだデフォルトのユーザー名とパスワードを利用している(The Register)

攻撃者たちは、「root」「admin」「support」のユーザー名 と、「toor」「password」「123456」などといったデフォルトで設定される一般的なパスワードを利用してログインを試みていた。

国際 TheRegister
マルウェア作家たちが、「BusyBox を利用しており、かつ脆弱性『ShellShock』のパッチを当てていない組込形デバイス」を攻撃するための新しいマルウェアを作り上げたと、研究者の Rhena Inocencio が語っている。

そのような攻撃の専用ツールとして悪党たちが利用しているのは、「Bashlite」と呼ばれるマルウェアだ。いちど犠牲者のマシンで実行されると、そのマルウェアは「あらかじめ作られたユーザー名とパスワードのリストを通して行うブルートフォースログイン」のために、BusyBox を利用しているルータや Android 携帯などのデバイスを嗅ぎまわる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×