Yosemite が厄介な脆弱性「Rootpipe」で荒れる~この「シェルのアクセス権限昇格のバグ」は翌年 1 月までは修正されない(The Register) | ScanNetSecurity
2022.09.30(金)

Yosemite が厄介な脆弱性「Rootpipe」で荒れる~この「シェルのアクセス権限昇格のバグ」は翌年 1 月までは修正されない(The Register)

の脆弱性は、何者かが sudo コマンドを利用する際に行われる「パスワードの要求」を覆すもので――つまり、スーパーユーザーとしてシェルにアクセスするということになる。

国際 TheRegister
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×