LTE対応IPトランシーバーを発表、閉域ネットワークを利用し安全で秘匿性の高い通話に対応(KDDI) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

LTE対応IPトランシーバーを発表、閉域ネットワークを利用し安全で秘匿性の高い通話に対応(KDDI)

 KDDIは7日、国内初となるLTE対応IPトランシーバー「IP500H」とIP無線機「IP-T10」を発表した。アイコム、iforceを通して9月より法人向けに販売する。アイコムはIPトランシーバー「IP500H」を、iforceはIP無線機「IP-T10」を、それぞれ提供する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 KDDIは7日、国内初となるLTE対応IPトランシーバー「IP500H」とIP無線機「IP-T10」を発表した。アイコム、iforceを通して9月より法人向けに販売する。アイコムはIPトランシーバー「IP500H」を、iforceはIP無線機「IP-T10」を、それぞれ提供する。

 「IP500H」「IP-T10」は、4G LTE(プラチナバンド800MHz)に対応したトランシーバーおよび無線機だ。利用において無線局免許申請や取得は不要。

 多人数への一斉連絡といった従来の特長はそのままに、より広いエリアで高音質な通話が可能となっている。スマートフォンアプリやIPビジネスホンとの通話も可能だ。閉域ネットワークを利用しており、より安全で秘匿性の高い通話に対応している。

 さらに「IP500H」は、従来の無線機と異なり、同時会話をしたり、優先順位の高い情報を割り込んで伝えるといったこともできる。防塵・防水対応(IP67)にも対応し、雨天のイベント等でも利用可能。

KDDI、LTE対応のIPトランシーバー&IP無線機を国内初提供

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×