ビッグデータベース分析を活用した次世代監視サービスを発表(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

ビッグデータベース分析を活用した次世代監視サービスを発表(アンラボ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社アンラボは10月14日、ビッグデータベース分析によりAPT攻撃のような知能型攻撃への迅速な対応およびセキュリティ脅威の可視性を提供する「次世代監視サービス(NG-MSS:Next Generation-Managed Security Service)を開始したと発表した。本サービスは、IDSおよびIPSなど、各セキュリティデバイスに保存されたシグネチャをベースに既知の脅威を検知する監視や、サーバとPCのパケット/マルウェアのモニタリングから進化したもの。

「単一/複合/評判/数学的な統計手法を用いた攻撃前後の流れ(context)の分析」「セキュリティデバイスのログ、通信情報、内部アプリケーション、脆弱性、行為情報などのITインフラ全体から収集されたビッグデータをベースとした脅威の分析」「アンラボのセキュリティ専門家が提供する顧客会社に最適化された運用方法、検知方法論のコンサルタント」「セキュリティ脅威の状況や検知データを一目で把握できるダッシュボードの提供」などを通じて、他サービスとの差別化を図るとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×