延期していたAdobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開(アドビ) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

延期していたAdobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデート(APSB14-20)を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は9月16日(米国時間)、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデート(APSB14-20)を発表した。本アップデートは、延期されていたものとなる。対象となるのは、Windows版およびMac版の「Adobe Reader」および「Acrobat」のバージョンXI(11.0.08およびそれ以前)、バージョンX(10.1.11およびそれ以前)。

今回のセキュリティアップデートにより、CVEベースで8つの脆弱性が解消される。脆弱性は、コード実行やユニバーサル・クロスサイトスクリプティング、DoS、権限昇格などとなっている。なお、「Adobe Reader」および「Acrobat」では自動更新機能がデフォルトで有効になっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×