ビル管理システムに対する探索行為が継続--インターネット治安情勢(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

ビル管理システムに対する探索行為が継続--インターネット治安情勢(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2014年7月期のインターネット観測結果等を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
警察庁は8月27日、@policeにおいて2014年7月期のインターネット観測結果等を発表した。7月期では、「ビル管理システムに対する探索行為の継続」「宛先ポート23/TCP に対するアクセスが増加」をトピックに挙げている。ビル管理システムに対する探索行為の継続については、ビル管理システムで使用される通信プロトコル用標準規格「BACnet」に定義された47808/UDPへのアクセスを分析したところ、6月下旬頃から検知した「ReadPropertyMultiple」のパケットを、今期も継続して観測している。

また、7月下旬頃から宛先ポート23/TCP に対するアクセスが増加している。23/TCP はTelnetに使用されるポートであり、遠隔でネットワーク機器等に接続する際に使用されるもの。このポートに対するアクセスの発信元IPアドレスを調査したところ、2月頃に確認されたWebカメラのログイン画面が表示されることを確認したほか、ルータのログイン画面(複数種類あり)が表示されることを確認した。このことから、このポートに対するアクセスはネットワーク接続機器を踏み台にしたスキャン行為が行われている可能性が考えられるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×