「Suica ポイントクラブ」に30万件近いアクセス、不正ログインも確認(JR東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「Suica ポイントクラブ」に30万件近いアクセス、不正ログインも確認(JR東日本)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は8月18日、同社が提供する「Suica ポイントクラブ」において、通常にはない大量のアクセスが確認されたため、一時会員メニューへのログインを停止したと発表した。また、その後の調査により、不正なログインがあったことが確認された。このため現在も一部サービスを停止しているほか、一部のユーザのアカウントを停止している。

これは8月15日1時29分より、同ホームページに対して約296,000件のアクセスがあったことが確認されたことから、同日5時35分より同ホームページにおけるサービスを停止し、調査を行っていたもの。このアクセスによって756アカウントが不正にログインされ、会員情報が閲覧された可能性があることが判明したため、当該ユーザのアカウントの利用を停止している。なお、今回の事象における登録情報の改ざん、なりすましによるポイントの不正利用は現在のところ確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×