Linuxサーバ向けのゲートウェイ製品の新バージョン(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Linuxサーバ向けのゲートウェイ製品の新バージョン(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エフセキュア株式会社は8月1日、「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」の新バージョン「Ver5.10」をリリースしたと発表した。現時点でWebUIは英語版のみとなるが、2014年第三四半期中にWebUIを日本語化した「Ver5.20」をリリースする予定だという。本製品は、メール送受信やWebブラウジング時に、ネットワーク上でのリアルタイムウイルス検査を行い、ゲートウェイレベルで高性能な保護を実現するLinuxサーバ向けの製品。

新バージョンでは、新たにWebUIを搭載したほか、Webサーバプログラムを変更することにより、WebUIで消費するリソースの削減・応答速度の向上を行っている。Ver5シリーズでは、従来のHTTP/SMTP/POP3/FTPの各種プロキシに加えて、ICAPサーバとしての機能が追加された。Squidなど、ICAPクライアント機能を持つプロキシからウイルススキャンリクエストを行うことが可能になり、より柔軟に既存のネットワークへ組み込むことが可能となっている。また、複数のファイルに分かれていた設定情報をひとつの設定ファイルに集約するなど、ユーザの使い勝手も向上している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×