7月31日夜に大型の台風12号が沖縄地方へ最接近(気象庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

7月31日夜に大型の台風12号が沖縄地方へ最接近(気象庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

 気象庁が7月31日17時に発表した台風情報によると、大型の台風12号(ナクリー)は那覇市の南南西海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいる。今後ゆっくりと発達しながら31日夜に沖縄地方へ最接近し、8月1日には東シナ海を北上する見込みという。

 台風の影響で、沖縄・奄美では強い風が吹いており、8月1日には非常に強い風が吹き、海上ではうねりをともない大しけとなる見込み。九州南部では、7月31日夜から、九州北部では8月1日に大しけが予想される。

 8月1日にかけて、台風に伴う発達した積乱雲のかかる沖縄・奄美や暖かく湿った南東の風の流れ込む九州南部を中心に、1時間に60~70ミリの非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあるという。

 8月1日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で沖縄地方300ミリ、九州南部200ミリ、奄美地方・九州北部地方180ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方23メートル(35メートル)、奄美地方21メートル(35メートル)、九州北部地方20メートル(30メートル)の見込み。

 気象庁では、高波や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、はん濫への注意を呼び掛けている。また、沖縄・奄美では、31日夜から8月1日午前中にかけて高潮による浸水や冠水にも注意が必要だという。

【台風12号】7/31夜に沖縄へ最接近

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×