暗号ライブラリ LibreSSL は、OpenBSD から Linux、OS X、その他に幅広く対応~大掃除した OpenSSL のフォーク、最初のクロスプラットフォーム版をリリース(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

暗号ライブラリ LibreSSL は、OpenBSD から Linux、OS X、その他に幅広く対応~大掃除した OpenSSL のフォーク、最初のクロスプラットフォーム版をリリース(The Register)

LibreSSL プロジェクトのゴールは、安全で気軽に乗り換えられる OpenSSL の代替物を作り上げることだが、同プロジェクトの開発者たちは、さらに「OpenSSL の開発者たちによる無分別な設計上の決定」の一部を元に戻すための努力もしてきた。

国際 TheRegister
OpenBSD プロジェクトが、OpenSSL のフォークにあたる「LibreSSL」の最初のポータブルバージョンをリリースした――つまり、それは OpenBSD 以外の OS でも利用できるということを意味している。

LibreSSL プロジェクトは、OpenBSD の開発者たちのグループが「バグだらけの不可解な OpenSSL コードのクリーンアップ」を目的として、およそ 2 か月前に立ち上げたプロジェクトである。つまり彼らにとって最優先となるのは、「その OS(OpenBSD)で動作すること」だと考えるのが妥当だろう。

しかし金曜日(編集部註:2014 年 7 月 11 日)に行われた LibreSSL 2.0.0 のリリースにおいては、OpenBSD に依存する多くのものが取り除かれていた。現在、そのライブラリは様々な好みに合わせて、つまり Linux、Solaris、OS X、FreeBSD 用に構築することができる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×