犯罪捜査用ウイルスの活用実態やアップデート攻撃の実態を報告(トーマツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.19(火)

犯罪捜査用ウイルスの活用実態やアップデート攻撃の実態を報告(トーマツ)

脆弱性と脅威 脅威動向

有限責任監査法人トーマツは7月2日、本年1月に設立した情報セキュリティラボ「デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所(DT-ARLCS: Deloitte Tohmatsu Advanced Research Laboratory of Cyber Security)」の活動報告を行った。

冒頭、丸山満彦所長は、設立当初に掲げた「技術的セキュリティ対策機器の検証・分析」「共同研究・検証」「情報発信」「人材育成」4項目の進捗として、情報発信としてのニュースレター発行の頻度を上げることや、東京電機大学との共同研究などについて報告した。

研究報告として、主任研究員 William Roth氏は、米国でのサイバー犯罪捜査の現状として、不法薬物などの取引サイトSilk RoadやLulzSecの逮捕摘発などで用いられたサイバー犯罪のおとり捜査の実態を解説した。また、FBIが犯罪捜査のために被疑者のPCに感染させる合法なマルウェア「CIPAV」の機能と活用事例を紹介した。

つづいて登壇した主任研究員 岩井博樹氏は、ソフトウェアのアップデート機能を悪用した攻撃の研究結果を公表し、攻撃が大規模化巧妙化していると警鐘を発した。また、アップデートを悪用した攻撃では、感染PC、ソフト開発会社、リダイレクト先のWebサイトをそれぞれ別の企業が調査することが多く、それぞれがNDAを締結しているため、サイバー攻撃の全体像がこれまで以上に見えなくなっており、情報共有の必要性を強く訴えた。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

    Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  2. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  3. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  7. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×