はてなアカウントに対してリスト型攻撃を確認、被害アカウント数は2,398アカウントに(はてな) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

はてなアカウントに対してリスト型攻撃を確認、被害アカウント数は2,398アカウントに(はてな)

 はてなは20日、同社サービス用のはてなアカウントに対して、不正アクセス(リスト型攻撃)が行われたことを公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 はてなは20日、同社サービス用のはてなアカウントに対して、不正アクセス(リスト型攻撃)が行われたことを公表した。

 6月16日~19日の期間、リストを使った攻撃が行われた。不正ログイン試行回数は約160万回、不正ログインを受けたアカウント数は2,398アカウントとなっている。登録されている個人情報のうち、氏名、郵便番号、生年月日が閲覧・変更された可能性があるとのこと。

 また、不正ログインにより「メールアドレスを変更し、Amazonギフト券交換の申し込みを行った」アカウントが3件確認されている。スタッフが目視で確認の上で手続きを行っているため、交換には至っておらず、現時点で金銭的な被害は発生していないという。

 同社では、不正ログインを受けたユーザーのログイン状態を強制的に停止。パスワードをランダムな文字列に変更したうえで、メールで個別に連絡したとしている。

 また全ユーザーに対して、他社サービスと異なり、推測が難しいパスワードに変更することなど、対応を呼びかけている。

はてなが不正アクセス被害……2,398アカウントが情報閲覧の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×