はてなアカウントに対してリスト型攻撃を確認、被害アカウント数は2,398アカウントに(はてな) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

はてなアカウントに対してリスト型攻撃を確認、被害アカウント数は2,398アカウントに(はてな)

 はてなは20日、同社サービス用のはてなアカウントに対して、不正アクセス(リスト型攻撃)が行われたことを公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 はてなは20日、同社サービス用のはてなアカウントに対して、不正アクセス(リスト型攻撃)が行われたことを公表した。

 6月16日~19日の期間、リストを使った攻撃が行われた。不正ログイン試行回数は約160万回、不正ログインを受けたアカウント数は2,398アカウントとなっている。登録されている個人情報のうち、氏名、郵便番号、生年月日が閲覧・変更された可能性があるとのこと。

 また、不正ログインにより「メールアドレスを変更し、Amazonギフト券交換の申し込みを行った」アカウントが3件確認されている。スタッフが目視で確認の上で手続きを行っているため、交換には至っておらず、現時点で金銭的な被害は発生していないという。

 同社では、不正ログインを受けたユーザーのログイン状態を強制的に停止。パスワードをランダムな文字列に変更したうえで、メールで個別に連絡したとしている。

 また全ユーザーに対して、他社サービスと異なり、推測が難しいパスワードに変更することなど、対応を呼びかけている。

はてなが不正アクセス被害……2,398アカウントが情報閲覧の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×