米陸軍、韓国で 16,000 人分の関係者情報を流出~それは M*A*S*H* の再放送ではない――同軍はハッカーの攻撃を認める(The Register) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

米陸軍、韓国で 16,000 人分の関係者情報を流出~それは M*A*S*H* の再放送ではない――同軍はハッカーの攻撃を認める(The Register)

この事件に関して、同軍は米国および韓国の高官と協議を行い、影響を受けたマシンをネットワークから隔離し、また求職に関する作業を取り扱う際のシステムを、異なるシステムへと切り替えた。

国際 TheRegister
権限のない未知の集団がデータベースにアクセスしたことにより、韓国に駐留している 16,000 人以上の米国陸軍関係者、および現地職員や求職者の機微情報が侵害されたようだ。そのデータベースには氏名、ID 番号、および住所の情報が含まれていた。

この 5 月 28 日の急襲がどのように開始されたのか、その具体的な詳細は明らされていないものの、金融情報に関わる詳細や機密扱いのデータは侵害されていないという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×