多層型サンドボックスに新製品を追加(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

多層型サンドボックスに新製品を追加(フォーティネット)

フォーティネットは、多層型サンドボックスの新製品「FortiSandbox-1000D」の日本での出荷を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は6月6日、多層型サンドボックスの新製品「FortiSandbox-1000D」の日本での出荷を開始したと発表した。FortiSandboxは、不審なコードを仮想OSで実行される前に多層型のプリフィルタにかけることで、その挙動を詳細に分析する製品。このプリフィルタでは、フォーティネットのAVエンジン、クラウドベースの脅威データベースとの照会、そしてOSから独立したコードエミュレータによるシミュレーションによる緻密なスクリーニングが行われ、その後仮想マシン環境で実行し、検証される。

不審なコードが検出されると、検証結果に基づいてマルウェア対策用のシグネチャがFortiGuard Labsで作成されると同時に、他の脅威データベースも更新されるため、実効性の高い機能となっている。また、同社の次世代ファイアウォール・UTMアプライアンス「FortiGate」やメールセキュリティアプライアンス「FortiMail」と統合することで、より強固な標的型攻撃対策を実現する。FortiSandbox-1000Dでは、2RUの筐体にGbE RJ45×6、GbE SFP×2のインタフェースを搭載し、4TB(最大8TB)のストレージを内蔵する。VM数は8で、1時間あたり160ファイルのVMサンドボックス処理、6,000ファイルのAVスキャン処理が可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×