CDNサービス利用者のサイト改ざんについて発表(シーディーネットワークス・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

CDNサービス利用者のサイト改ざんについて発表(シーディーネットワークス・ジャパン)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社シーディーネットワークス・ジャパンは6月3日、セキュリティ侵害が発生したと発表した。これは、同社がコンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)サービス「ウェブ・パフォーマンス・スイート」のオプションサービスとして付加的に提供している、コンテンツのアップロードサービスの一部において発生したものであり、同サービスを利用している顧客において限定的な範囲で影響を及ぼしたというもの。これにより、同社の顧客がアップロードしたコンテンツの一部が改ざんされたことが確認されたとしている。

同社ではセキュリティ侵害発生の発覚後、直ちに本サービスの提供環境を、セキュリティが強化された新しいネットワークおよびプラットフォームに移設し、改ざんされたファイルに加え、本サービスを利用するすべての顧客の全ファイルにおいて改ざんの有無を検証した。また、外部セキュリティベンダとの連携に基づき、セキュリティ対策ガイドを同社の顧客向けに提供したという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×