「Share」にアニメ4作品をアップロードしていた男性を送致(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

「Share」にアニメ4作品をアップロードしていた男性を送致(ACCS)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月26日、神奈川県警サイバー犯罪対策課と横須賀署が5月23日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメーション作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた栃木県那須塩原市の会社員男性(45歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで横浜地検横須賀支部に送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2013年11月9日から同16日までの間、株式会社KADOKAWAが著作権を有する「機巧少女は傷つかない」第3話「Facing "Cannibal Candy" III」、「のんのんびより」第3話「姉ちゃんと家出した」、「凪のあすから」第4話「友達なんだから」および、株式会社京都アニメーションが著作権を有する「境界の彼方」第4話「橙」を、Shareを通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。警察によると、男性はアニメーションを中心に約1,100ファイルをアップロードしていたという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×