OpenSSLの脆弱性を標的としたアクセス、最大1日に12,881件(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.26(日)

OpenSSLの脆弱性を標的としたアクセス、最大1日に12,881件(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

警察庁は5月21日、@policeにおいて2014年4月期のインターネット観測結果等を発表した。4月期では、「OpenSSLの脆弱性を標的としたアクセスの検知」「ビル管理システムに対する探索行為の検知」「53/UDP を発信元としたパケットの更なる増加」が目立った。警察庁の定点観測システムにおいて4月9日以降、OpenSSLの脆弱性の攻撃コードに実装されているClient Helloパケットと完全に一致するパケットを観測しており、10日に注意喚起を実施した。その後もパケットは増加し、ピーク時の12日には12,881件/日のパケットを観測した。その後、22日まで8,000件/日程度のパケットを継続して観測した。

宛先ポートは、443/TCP、995/TCP、993/TCP、5222/TCP、465/TCP、1194/TCPを観測しており、HTTPSに使用される443/TCPポート以外にもOpenSSLが使用されているサービスをまんべんなく検索している状況がうかがわれた。23日以降は観測されるパケットは急激に減少しているが、継続して観測されていることからから今後も注意する必要があるとしている。また、3月中旬から検知していた、代表的なビル管理システムである「BACnet(Building Automation and Control Networking protocol)」の探索行為と考えられるアクセス(ポート番号47808/UDP)は、4月にも継続して確認している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

    「Apache Struts2」に任意コード実行の脆弱性、至急の対策を呼びかけ(IPA)

  2. Microsoft Windows の Win32k.sys に Bitmap オブジェクトにおける整数オーバーフローにより権限が昇格可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows の Win32k.sys に Bitmap オブジェクトにおける整数オーバーフローにより権限が昇格可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 「Apache Tomcat」に通信内容が漏えいする脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

    「Apache Tomcat」に通信内容が漏えいする脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  4. データを破壊するワイパー型マルウェアの新種を発見(カスペルスキー)

  5. 「SHA-1衝突の実現」に対し、SHA-1電子署名への影響と対策を発表(JNSA)

  6. Linux システムの ntfs-3g において scrub の不備により管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Oracleが「Java SE」のアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

  8. Windowsに感染しLinuxベースのIoTデバイスにMiraiを配信するマルウェア(カスペルスキー)

  9. Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

  10. HTTPS通信監視機器がHTTPS通信のセキュリティ強度を低下させる可能性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×