ファイルサーバ向けセキュリティ製品の新版を発売(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

ファイルサーバ向けセキュリティ製品の新版を発売(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ファイルサーバ向けセキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新バージョン 8.0.2.172 の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは5月15日、ファイルサーバ向けセキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新バージョン 8.0.2.172 (Maintenance Pack 2 Critical Fix 1)を同日より提供開始したと発表した。本製品は、Linuxで構築されたファイルサーバを安全に使用するためのセキュリティソリューション製品。カーネルレベルの監視を行い、ファイルサーバをマルウェアの脅威から保護する。また、VMware Readyとして認定されており、仮想マシン上でファイルサーバを稼働させる場合にも対応している。

また最新バージョンでは、管理ツール「Kaspersky Security Center」よりオンデマンドで実施する、マルウェアのスキャンタスクの優先度を4つのレベルで設定できるようになった。本機能により、同じサーバ上で稼働するアプリケーションへの影響を考慮して、スキャンプロセスのシステム負荷を調整することが可能になる。さらに、Kaspersky Security Centerと連携してクライアント側の管理を行うネットワークエージェントに、アップデートエージェント機能を追加した。特にリモート拠点の複数の端末へのウイルス定義データベースや、ポリシーの配信を1端末分の配信で済ませることができるため、ネットワーク負荷を軽減できる。サポートOSも拡大している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×