ファイルサーバ向けセキュリティ製品の新版を発売(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

ファイルサーバ向けセキュリティ製品の新版を発売(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ファイルサーバ向けセキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新バージョン 8.0.2.172 の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは5月15日、ファイルサーバ向けセキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新バージョン 8.0.2.172 (Maintenance Pack 2 Critical Fix 1)を同日より提供開始したと発表した。本製品は、Linuxで構築されたファイルサーバを安全に使用するためのセキュリティソリューション製品。カーネルレベルの監視を行い、ファイルサーバをマルウェアの脅威から保護する。また、VMware Readyとして認定されており、仮想マシン上でファイルサーバを稼働させる場合にも対応している。

また最新バージョンでは、管理ツール「Kaspersky Security Center」よりオンデマンドで実施する、マルウェアのスキャンタスクの優先度を4つのレベルで設定できるようになった。本機能により、同じサーバ上で稼働するアプリケーションへの影響を考慮して、スキャンプロセスのシステム負荷を調整することが可能になる。さらに、Kaspersky Security Centerと連携してクライアント側の管理を行うネットワークエージェントに、アップデートエージェント機能を追加した。特にリモート拠点の複数の端末へのウイルス定義データベースや、ポリシーの配信を1端末分の配信で済ませることができるため、ネットワーク負荷を軽減できる。サポートOSも拡大している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×