4月にセキュリティアプリで検出された脅威は81万5千件(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

4月にセキュリティアプリで検出された脅威は81万5千件(Dr.WEB)

Dr.WEBは、「2014年4月のモバイル脅威」について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は5月13日、「2014年4月のモバイル脅威」について発表した。これは同社の「Dr.Web Anti-virus for Android」を使用して収集された統計情報をもとにしたもので、2014年4月には700万件近くの望まないプログラムや悪意のあるプログラムが検出された。4月1日から29日の間に検出された脅威は81万5,293件となっている。前月と同様、フリーのアプリケーションに組み込まれて拡散される「Adware.Airpush」「Adware.Revmob」「Adware.Leadbolt」などの広告アプリケーションが多く検出された。

4月に最も多く検出されたマルウェアは、SMSボットである「Android.SmsBot.65.origin(26万2267件)」となっており、「Android.SmsSend.1088.origin、Android.SmsSend.458」が続いた(13万8407件)。最も検出数の多かった日は4月23日の26万3,806件で、最も少ない検出数は4月21日の19万3,987件となっている。Android OSバージョンでは、Android 4.1.2で最も多く感染が検出され、次いでAndroid 4.2.2、Android 4.3と続いた。最も感染が多かった地域はモスクワ(1.76%)で、サウジアラビアのメッカ(0.93%)、リヤド(0.78%)が続いた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×