「CLUB Panasonic」が不正ログイン被害、他社サービスから流出したID・パスワード利用の可能性(パナソニック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

「CLUB Panasonic」が不正ログイン被害、他社サービスから流出したID・パスワード利用の可能性(パナソニック)

 パナソニックは23日、同社が提供する会員サイト「CLUB Panasonic(クラブ パナソニック)」が、不正ログイン被害に遭ったことを発表した。サイトは公開されているが、個人情報確認画面は利用が停止されている。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 パナソニックは23日、同社が提供する会員サイト「CLUB Panasonic(クラブ パナソニック)」が、不正ログイン被害に遭ったことを発表した。サイトは公開されているが、個人情報確認画面は利用が停止されている。

 18日に外部からの不正ログインの形跡を発見。社内調査を行った結果、3月23日~4月21日の期間に、不特定多数のIPアドレスから断続的・機械的なログイン要求があったことが確認された。不正ログインの試行に使われたIDには「CLUB Panasonic」で使用を認められていないものが多数含まれていたため、同社では、「他社サービスから流出した多数のID/パスワードを利用している可能性が高い」と見ている。

 不正ログイン試行の回数は合計460万件超、実際に不正ログインされた可能性があるアカウントは78,361件となっている。

 不正に閲覧された可能性のある個人情報は、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、ログインID、 メールアドレス、ニックネームで、登録していた場合、携帯電話用メールアドレス、職業、居住状態、家族構成、 共稼ぎ状況、興味のあるカテゴリーも対象となる。

無料会員コミュニティ「CLUB Panasonic」で不正ログイン……約8万アカウントが被害

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×