「Openfire」に未対策のDoS脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.13(火)

「Openfire」に未対策のDoS脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Openfire Projectが提供する「Openfire」にDoSの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月17日、Openfire Projectが提供する「Openfire」にDoSの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。現時点で対策が行われているのは開発版のみで、通常版の対策は公開されていない。

「Openfire 3.9.1 およびそれ以前」には、圧縮済 XML 要素の処理を適切に制限していないことが原因でDoSの脆弱性(CVE-2014-0360)が存在する。この脆弱性が悪用されると、細工された XMPP ストリームを処理することで、リソース枯渇攻撃を受ける可能性がある。JVNでは、XMPP圧縮を無効に設定することで本脆弱性の影響を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×