製品の連携により「通常起こりえない通信」を検出(アイ・オー・データ、セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

製品の連携により「通常起こりえない通信」を検出(アイ・オー・データ、セキュリティフライデー)

アイ・オー・データとセキュリティフライデーは、両社のアプライアンスプラットフォーム、ミラーリング専用ボックスとファイルサーバのアクセスログ取得ソフトの相互検証を行ったと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイ・オー・データ機器(アイ・オー・データ)とアズビル セキュリティフライデー株式会社(セキュリティフライデー)は4月9日、両社のアプライアンスプラットフォーム、ミラーリング専用ボックスとファイルサーバのアクセスログ取得ソフトの相互検証を行ったと発表した。

これは、セキュリティフライデーのファイルサーバアクセスログ取得ソフト「VISUACT」の動作検証を、アイ・オー・データのアプライアンスプラットフォーム(特定用途向けプラットフォーム)商品「HDL-Z2WEシリーズ」、およびミラーリング専用ボックス「BX-MR1」にて実施、相互接続性を公式認定したというもの。これにより、サーバが発信元となるアクセスや、クライアント間のアクセスなど、正常な運用では起こりえない通信をログで検出し、メルウェアに感染した可能性のあるPCを特定することが可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×