Windows XP搭載PC稼働台数、6月末には法人の全PC稼働台数の6.6%にまで減少する見込み(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

Windows XP搭載PC稼働台数、6月末には法人の全PC稼働台数の6.6%にまで減少する見込み(IDC Japan)

 IDC Japanは4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数(現場で利用可能なPCの台数)の実績と予測を発表した。PCベンダー調査、ユーザー調査、販売チャネル調査などをもとに、独自の分析を行い算出したものとなっている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 IDC Japanは4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数(現場で利用可能なPCの台数)の実績と予測を発表した。PCベンダー調査、ユーザー調査、販売チャネル調査などをもとに、独自の分析を行い算出したものとなっている。

 これによると、2013年12月末での法人におけるWindows XP搭載PC稼働台数は、全体の17.1%(617万台)まで減少していることが明らかとなった。サポート終了の情報が浸透し、買い替えが順調に進んだと見られ、当初予測よりも速いペースでリプレースが進んだ。

 買い替えは、2014年に入ってからも順調に進んでおり、2014年6月末には、法人の全PC稼働台数の6.6%、241万台にまで減少する見込みだ。

 家庭市場においても買い替えは順調に進んでおり、Windows XP搭載PCの稼働台数は、2013年12月末で14.8%(610万台)だったが、2014年6月末には8.7%(351万台)にまで減少すると予測されている。

Windows XPパソコンの稼働台数予測……6月末で家庭351万台・法人241万台

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×