Windows XP搭載PC稼働台数、6月末には法人の全PC稼働台数の6.6%にまで減少する見込み(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

Windows XP搭載PC稼働台数、6月末には法人の全PC稼働台数の6.6%にまで減少する見込み(IDC Japan)

 IDC Japanは4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数(現場で利用可能なPCの台数)の実績と予測を発表した。PCベンダー調査、ユーザー調査、販売チャネル調査などをもとに、独自の分析を行い算出したものとなっている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 IDC Japanは4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数(現場で利用可能なPCの台数)の実績と予測を発表した。PCベンダー調査、ユーザー調査、販売チャネル調査などをもとに、独自の分析を行い算出したものとなっている。

 これによると、2013年12月末での法人におけるWindows XP搭載PC稼働台数は、全体の17.1%(617万台)まで減少していることが明らかとなった。サポート終了の情報が浸透し、買い替えが順調に進んだと見られ、当初予測よりも速いペースでリプレースが進んだ。

 買い替えは、2014年に入ってからも順調に進んでおり、2014年6月末には、法人の全PC稼働台数の6.6%、241万台にまで減少する見込みだ。

 家庭市場においても買い替えは順調に進んでおり、Windows XP搭載PCの稼働台数は、2013年12月末で14.8%(610万台)だったが、2014年6月末には8.7%(351万台)にまで減少すると予測されている。

Windows XPパソコンの稼働台数予測……6月末で家庭351万台・法人241万台

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×