モバイルマルウェア感染の96.5%がAndroid--年次調査(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

モバイルマルウェア感染の96.5%がAndroid--年次調査(フォーティネットジャパン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

フォーティネットジャパン株式会社は3月5日、Fortinetによる「FortiGuard脅威動向調査」の結果を発表した。FortiGuard Labsによる2013年1月1日から12月31日までの観測結果を見ると、2013年はモバイル端末を標的としたマルウェアが大量に出回り、主に標的としたプラットフォームはAndroidであった。同ラボで検出されたモバイルマルウェアの感染の96.5%がAndroidという結果になっている。2位のSymbianは3.45%、iOS、BlackBerry、PalmOS、Windowsは合計でわずか1%未満となっている。

ボットネットにおいては、2013年初頭、同ラボはZeroAccessボットネットの作成者が毎週100,000の感染を組織的に広めていることを報告した。このボットネットの作成者はアフィリエイトを使って感染を広めるため、かなりの額を毎週支払うかわりに、著しい額を稼ぎ出していると研究者たちは考えている。スパム配信国ではインドが22.66%で1位となり、2位が中国(18.39%)、3位がベラルーシ(12.40%)となっている。ゼロデイ脆弱性においては、同ラボは2013年には18の新たなゼロデイ脆弱性を発見し情報を開示した。そのうち12が未パッチとなっている。こうした脆弱性の多くは「Important」あるいは「Critical」と分類されている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×