ハーバードの学生、コア数 14,000 のスパコンの利用を禁止される……Dogecoin のマイニングで~「非常に明確な理由」 Wow。とても誤用。すごく禁止。(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

ハーバードの学生、コア数 14,000 のスパコンの利用を禁止される……Dogecoin のマイニングで~「非常に明確な理由」 Wow。とても誤用。すごく禁止。(The Register)

誰かがマイニング作業のためにクラスタ化したスーパーコンピュータの使用を試みるであろうということは、Bitcoin の現在の市場や、その他の様々な暗号通貨フォーマットから考えるに、ほとんど驚くべきことではない。

国際 TheRegister
ハーバード大学の 1 人の学生が、Dogecoins のマイニングを行うため、このアイビーリーグの大学が所有する「コア数 14,000」のスーパーコンピュータを利用したことで窮地に立たされている。

The Harvard Crimson によると、今月(編集部註:2014 年 2 月)初旬、名前の明かされていない 1 人の学生が Dogecoin のマイニング作業のために「Odyssey cluster」(編集部註:ハーバード大のハイパワーネットワークの通称)を利用する予定を組んでいたことが判明したのち、彼(もしくは彼女)はこの名門大学にある全てのリサーチコンピューティングラボや、全てのシステムへアクセスする権利を剥奪されたという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×