Adobe ColdFusion の Administrator API の実装に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.21(木)

Adobe ColdFusion の Administrator API の実装に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
Adobe ColdFusion の Administrator API にユーザ認証を回避することが可能な脆弱性が報告されています。
悪意あるリモートの第三者に利用された場合、管理者権限で ColdFusion Administrator にアクセスされ、ColdFusion を不正に操作される可能性があります。
この脆弱性は、昨年の 2013 年 1 月初旬に Adobe 社によって報告された少し古い問題となりますが、2013 年 8 月中旬にセキュリティ情報サイト Packet Storm に当該脆弱性の実証コード (PoC) が投稿され、その後、2013 年 12 月初旬に Metasploit Framework にモジュールとして実装されています。
この脆弱性を悪用する攻撃が多数確認されており、攻撃を受ける可能性が高いことが考えられるため、影響を受けるバージョンの Adobe ColdFusion を利用するユーザは可能な限り以下に記載する対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
10.0
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2013-0632&vector=%28AV%3AN/AC%3AL/Au%3AN/C%3AC/I%3AC/A%3AC%29


3.影響を受けるソフトウェア
Adobe ColdFusion 9.0.2 以前
Adobe ColdFusion 10 Update 6 以前

※1 既にサポートが終了している Adobe ColdFusion 8.x 以前のバージョンも影響を受ける可能性があります。


4.解説
ColdFusion の Remote Development Services (RDS) 機能は、ColdFusion サーバのセキュリティコンポーネントの 1 つであり、当該機能を利用することでリモートから ColdFusion Administrator で登録されているファイルやデータソースにアクセス可能です。
ColdFusion のデフォルトの設定では、RDS 機能は無効に設定されていますが、RDS ユーザには、空 (blank) のパスワードが設定されています。

Adobe ColdFusion には、Administrator API の administrator.cfc※2 において、RDS 認証リクエストを処理する際に rdsPasswordAllowed パラメータを適切にチェックにしない不備があります。
このため、当該パラメータに "true" を設定 (rdsPasswordAllowed=1) し、adminpassword パラメータに空のパスワードを設定した認証リクエストを送信することで、ColdFusion Administrator のユーザ認証を回避可能な脆弱性 (CVE-2013-0632) が存在します。

この脆弱性を利用することで、リモートの攻撃者は RDS ログインを介して管理者権限で ColdFusion Administrator にアクセスし、ColdFusion を不正に操作することが可能となります。

なお、この脆弱性を報告している Adobe Systems 社のセキュリティアドバイザリ (APSA13-01)※3 によれば、他にも Adobe ColdFusion に存在する以下の脆弱性についても報告しています。

* scheduleedit.cfm におけるスケジュールタスクの取り扱い不備に起因して、ユーザ認証を回避可能な脆弱性 (CVE-2013-0625)
* cfcexplorer.cfc における PATH パラメータの入力値チェックの不備に起因して、ディレクトリトラバーサル攻撃が可能な脆弱性 (CVE-2013-0629)
* 情報漏えいが発生する脆弱性 (CVE-2013-0631)

また、APSA13-01 で報告される脆弱性を組み合わせて悪用し、標的サーバにWebShellや不正な IIS モジュールを設置する攻撃が確認※4 されています。
影響を受けるバージョンの Adobe ColdFusion を利用するユーザは可能な限り以下に記載する対策を実施することを推奨します。

※2 Administrator API
http://help.adobe.com/ja_JP/ColdFusion/9.0/Admin/WSc3ff6d0ea77859461172e0811cbf364104-7fcf.html
※3 Adobe Security Advisory APSA13-01
http://www.adobe.com/support/security/advisories/apsa13-01.html
※4 The Curious Case of the Malicious IIS Module: Prologue (Method of Entry Analysis)
http://blog.spiderlabs.com/2013/12/the-curious-case-of-the-malicious-iis-module-prologue-method-of-entry-analysis.html


5.対策
以下の Web サイトを参考に、それぞれの Adobe ColdFusion バージョンに対応するセキュリティアップデートを適用することで、CVE-2013-0632 の脆弱性を含む APSA13-01 で報告された全ての脆弱性を解消することが可能です。

・ColdFusion 9.x の場合
- 修正パッチ CF9xx.zip および CFIDE-9xx.zip をダウンロード後、解凍し、指定されたフォルダに展開

・ColdFusion 10 の場合
- サーバー更新機能を利用し、ColdFusion 10 Update 7 以降にバージョンアップ

ColdFusion Security hotfix APSB13-03
http://helpx.adobe.com/coldfusion/kb/coldfusion-security-hotfix-apsb13-03.html

あるいは、下記のいずれかの回避策を実施することで、脆弱性による影響を回避または緩和することが可能です。

・RDS サービスを利用するのユーザ名およびパスワードを設定
・"/CFIDE/administrator", "/CFIDE/adminapi", "/CFIDE/componentutils"へのアクセス制御


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  5. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  7. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×