無償のセットワークセキュリティ可視化製品を機能拡張(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

無償のセットワークセキュリティ可視化製品を機能拡張(ウォッチガード)

ウォッチガードは、リアルタイムネットワークセキュリティ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」の機能拡張版を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は1月30日、リアルタイムネットワークセキュリティ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」の機能拡張版を発表した。本製品は、同社のXTMシリーズのユーザに無償の仮想アプライアンスとして提供されているもの。1台または複数のXTMから生成される各種データをわかりやすく可視化し、情報セキュリティの管理責任者に提供する。

今回の機能強化は、ユーザからのフィードバックを反映したものとなっている。具体的には、VMwareのハイパーバイザ環境に加え、Microsoft Hyper-Vにも対応した。また、合わせてアクセススピードの高速化、拡張性の向上、外部および共有データベースのサポートも行われている。さらに、動的なホスト名解決により視認性も向上しており、2014年第1四半期中には主要国の言語もサポートされる予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×