無償のセットワークセキュリティ可視化製品を機能拡張(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

無償のセットワークセキュリティ可視化製品を機能拡張(ウォッチガード)

ウォッチガードは、リアルタイムネットワークセキュリティ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」の機能拡張版を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は1月30日、リアルタイムネットワークセキュリティ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」の機能拡張版を発表した。本製品は、同社のXTMシリーズのユーザに無償の仮想アプライアンスとして提供されているもの。1台または複数のXTMから生成される各種データをわかりやすく可視化し、情報セキュリティの管理責任者に提供する。

今回の機能強化は、ユーザからのフィードバックを反映したものとなっている。具体的には、VMwareのハイパーバイザ環境に加え、Microsoft Hyper-Vにも対応した。また、合わせてアクセススピードの高速化、拡張性の向上、外部および共有データベースのサポートも行われている。さらに、動的なホスト名解決により視認性も向上しており、2014年第1四半期中には主要国の言語もサポートされる予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×