NSA の「改正」のすべて:The Register が米国大統領オバマの誓いを翻訳~フィクションから削り出された事実(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

NSA の「改正」のすべて:The Register が米国大統領オバマの誓いを翻訳~フィクションから削り出された事実(その 1)(The Register)

国際 TheRegister

【分析】 金曜日(編集部註:2014 年 1 月 17 日)、オバマ大統領は、米国の諜報機関の活動、および彼らが米国外の世界を監視する手法を改正する計画について、待望のスピーチを行った

スピーチの全体はこのページで閲覧できるが、そこで使われている言葉は巧妙である――国家安全保障の問題が関与する状況であるため、他に例を見ないほど技巧的だ。そこで我々は、大統領の発言記録を用いて、また昨今の大規模な監視活動について我々が知らされていることを考慮しながら「実際に何が語られたのか」を理解することに努めた。我々のコメントと共に表示されるオバマ大統領の演説部分は太字となっている。


●はじめに:大統領による歴史の授業

 我々の共和制の夜明けに、「自由の息子達」から発生した、ひとつの小さな秘密の監視委員会がボストンに設立された。そのメンバーにはポール・リビアがいた。夜になると彼らは街を巡回し、米国の初期のパトリオット(編集部註:アメリカ独立推進派)に対して英国が準備していた、あらゆる襲撃の兆候の報告を持ち帰ったものだ。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×